車を高く売る為の!おすすめ【車買取査定】サイトと注意点

・転勤で車が不要になった。
・結婚して1台車が不要になった。
・離婚で車を売却したい。
・親の車をもう乗らないので売却したい。
・今の生活に本当に車が必要なのか見直した結果、売却する事にした

車を売却する場合で、もし少しでも高く売りたいのであれば車買取査定サイトを是非利用する事をおすすめします。

車査定サイトは【単独の査定サイト】と【一括査定サイト】どっちがおすすめ?

車を売却したいのであれば、下取りや直接買い取り業者に依頼するよりも、インターネットで簡単に見積もりを依頼することができる一括査定がオススメです。

一括査定では複数の買取業者への見積もりを一度にできるので面倒もありませんし、それぞれの買取業者の買取金額をチェックすることで、その車を売却したときの買取相場を知ることができますし、一番高い金額で買い取ってくれる買取業者と取り引きすることで損なく売却することができます。

パソコンやスマートフォンなどのインターネットから無料で利用することができるので24時間365日お好きな時間や空いた時間を使って利用することができます。

ネットの車一括査定 3つの魅力

1:複数の買取業者へ一括査定を依頼することができます!

いろんな買取業者に見積もりを依頼したいけど直接依頼する場合には、複数の買取業者に依頼するとなると1社1社に連絡をしたり出向いたりしなければならないのがとても面倒ですよね。車に関する情報を毎回毎回同じ内容を伝えなければならないのでイヤになってしまうでしょう。

インターネットでできる一括査定なら入力フォームが用意されていますから、ほんのちょっと文字を入力するだけです。必要事項を入力したら後は送信するだけなので1分もあれば完了します。入力事項は、メーカー・車種・年式・走行距離・名前・住所・電話番号・メールアドレスなどです。

2:車の買取相場をチェックできる!

少しでも高く車を売却したいのであれば、まずはその車を売却した場合の買取相場をチェックする必要があります。相場をチェックしておくことで、相場よりも低い価格で買い取られて損をしてしまった…なんてことがなくなります。

一括査定では複数の買取業者に一括で見積もりを依頼することができますので、比較することが一番高く買い取ってくれる買取業者を見つけることができます。

とある人気の車種を売却したいと思い、一括査定を依頼してみたところ…A社とB社では見積もり金額に80万円もの差があった!なんて例もありますので、比較してみることは車をより高く売却する大きなポイントになるのです。

3:サービスの利用について

一括査定は、インターネットを利用することができる環境さえあれば、全てのサービスを無料で利用することができます。パソコンの場合もスマートフォンの場合もみなさん定額制でインターネットを利用されていると思いますので利用に余計なお金がかかってしまうようなことは一切ありません。

もちろん見積もりを依頼してから請求されるようなことも一切ありません。完全無料でご利用いただけますので安心してご利用ください。

車の売却や査定についての基礎知識なども掲載されていますのでチェックしておくと車を売却するときに役立てることができます。

車を売る Q&A

Q.購入したお店(ディーラーなど)で売った方が高く売れるんじゃないの?

A.これはケースバイケースです。

中古車の買取価格というのは相場はあれど、買取価格はお店によって変わります。もし、その車を買ったのが大手ディーラーで、『そのお店の顧客の中であなたが乗っているような中古車を探している』というような場合ならば、高く買い取ってくれると思います。

要は、車の買取価格というのは需要で決まります。

もし、そういうお客さんを抱えていない場合どうなるか?というと、 【中古車在庫】になるわけです。在庫になると様々なリスクがあります。店頭に並べても売れない場合 中古車の価値は日々下がっていきます。

『相場が買取原価を下回る』こういったリスクがあるので、そんなに高く買ってもらえないでしょう。最悪の場合、オークションなどで叩き売り価格になるかもしれません。

買取店は全国・海外で販路を設けているので買い取った車をどんどん流通させる仕組みがあるので下取りより高く買取価格になるケースが多いのです。

★車を高く売る上で重要なのは、あなたの車を『是非欲しい!』というお店を探す事です。購入したディーラーを含めて査定してもらって検討しましょう。

Q.ローンが残っていても車は売れる?

A.売る事は可能です。但し、ケースバイケース。

ローンが残っている車を売る上で一番重要なのが車検証の【所有者】の欄です。この名義が誰なのか?がとても重要です。

簡単に言うと、この所有者の欄の方の許可が必要という事になります。ローンで購入した場合、この所有者の欄はそのローンを組んだ機関や購入したお店の名前になっていたりします。

車のローンというのは通常のフリーローンより遥かに安い金利で借りれると思いますが、それは車自体が担保になっているからです。ローンを終えると、完済証明書をもらえるので、それを持って購入したお店に行けば所有者の欄を自分名義に変更できます。

つまり、ローン返済中は厳密に言うと自分の所有物ではない という事です。

Q.ローンが残っている車を売るには?

A.ローンが残っている車を売るには、基本的にローン残債を一括して支払う必要があります。

ローン残債を0にして、車を売るという事が基本ではありますが、これはほとんどの買取店で同時に行ってくれると思います。つまり、【ローン残債を車を売って支払う】という事ですね。

●ローン残債が60万円 車買取金が80万円だった場合

⇒20万円 現金が手元に戻ってきます。

●ローン残債が60万円 車買取金が40万円だった場合

⇒20万円 現金で支払いをしなければいけません。

こういう事になるので、少しでも高く買い取っていただける買取店を探す必要があります。
もし、どこを探してもローン残債を買取価格が上回らなかった場合、不足分をローンで組めるというローンを用意している買取店もあるので相談してみると良いでしょう。

ローンを組んだ機関によっては例外も

これを読んでいる方の中には、『車はローンで購入したけど、所有者の名前は自分になっている』という方もいるかもしれませんね。

この所有者をどうするというはあくまでも銀行やクレジット会社の意向というか、条件なので中にはローンを組んでも所有権を取らない場合もあります。

そういう場合は、理論上は自分の意思で売る事は可能ですが、やはり一度確認しておく事をおすすめします。

まとめ

車売却で少しでも高く売りたいのであれば、査定額の比較は必須と言えるでしょう。

1社で決断せずに必ず保留にして、数社の査定をしてもらう事が1番高く売るコツです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする