ホンダの大人気コンパクトカー【フィットFIT】/買取査定・中古車検索・自動車保険


車両情報

コンパクトカーなのに広く使え、居住性、価格帯、燃費の良さに加え、さすがホンダというハンドリングのキビキビした感じもあり評価の高いフィット。独身、夫婦、ファミリー、など幅広く活用され続けていますね。現行のフィットは2013年夏にフルモデルチェンジしました。トレードマークの三角形のヘッドライトから、過去のアコードを思わせるような細長いヘッドライトの形になり、デザイン的には「あれっ?」と思った方も多いと思います。「まとまりがあってよい」という意見が多いみたいですね。燃費に関しては満足に思っている方が多いようです。ガソリン車でリッターおおよそ16キロ、ハイブリッドではおおよそ25キロのようです。どちらを選ぶかというのは、資金や色々な状況で判断するんでしょうけど・・・現行フィットを買うならハイブリッドという人は多いみたいですね。内装に関しては、少し寂しいかなと言った感じ。最近のコンパクトカーはどの会社も内外装には力を入れていますので、ホンダらしいシンプルさは良いと思っても、プラスアルファのグレードが欲しいと思うユーザーは少なくないようです。ただ、価格を思えばそんなことは許されるという意見が多いですね。フィットハイブリットが163万円からですから、ちょっとお洒落な軽を買おうと思うと、同じくらいか、安いくらいです。手軽に買えて、気軽に遠出ができ、急に大きな荷物を載せるという時でも慌てなくても良いフィット。正に生活にフィットする車ですね。


車両情報

先代フィットは2007年に登場したコンパクトカーです。5ナンバーの5ドアハッチバックで全長3900mm、全幅1695mm、全高1525mm。駆動方式はFFと4WD、後にFF車にはハイブリッドが追加されました。エンジンは1.3lと1.5lがガソリンとハイブリッドの両方に設定され、変速機はFF車は無段変速機のホンダマルチマチックSが装備されており、4WDは5速オートマチック、ガソリンの一部グレードは5速または6速マニュアルが選べました。ハイブリッドで最も燃費の良いモデルはJC08モードで26.4km/lとなっています。 室内は燃料タンクを前席の下に収めたセンタータンクレイアウトのため非常に広々としており、シートの格納などを中心とした多彩なシートアレンジが可能です。また、一部モデルでは現行モデルに存在しない大型のガラスルーフであるスカイルーフの設定がありました。グレードは多岐にわたっており、専用エクステリアとオレンジのボディカラーが選べるスポーツ志向のRSやハイブリッドRS、肌に優しいイオンを放出するエアコンを搭載したShe’sなどが設定されています。安全装備は横滑り防止機能のVSAやエアバッグが標準装備となっています。リース販売が行われた電気自動車のフィットEVも2代目フィットがベースとなっています。

【フィット】買取査定・中古車検索・自動車保険

フィットの買取査定(無料)

下取りよりも平均で16万円たかく売れている実績があります。
この一括査定とディーラーの下取り価格と比較して一番高いお店に売れば、知らずに損する事なく最高額で売る事ができます。

フィットの中古車検索

地元の中古車店を探すよりも、全国で探した方がきっと良い車に出会えます。
更に、非公開車両も検索できる人気の中古車検索サイト

フィットの自動車保険の一括見積り

あなたにピッタリの保険が見つかる自動車保険一括見積り。
一番安い保険料が安い自動車保険やピッタリの条件が探せます。
新規はもちろん、保険切り替え時なら等級が下がる事なく乗り換えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする