【車査定】車の色は査定額に影響する?

変わった色の車を所有していると、専門店での査定を行った時に額に影響が出ないか気になってしまいますね。

一般的にいうと、無難な色の車の方が査定額が上がりやすい特徴はあります。街中をチェックしてみてもわかるように、黒や白といった地味な色合いの車がとても多くなっています。車は、出勤にも利用するため、地味目の色合いのものが人気が高くなっているのです。

また、クリーム色や優しいピンク系などパステル色も人気が高くなっています。パステル系は、特に女性が好む軽に多く存在し需要も高いため、査定額もアップしやすくなっています。

これらの事実をみていくと、無難な色合いの車の方が、査定額が高くなることが分かってきますね。ただ、派手目の色合いの車を持っている人も悲観することはありません。赤や緑、青といった特徴的な色合いの車を所有している人は、専門の車買取店で査定を受けてみましょう。

専門店では、より派手な色合いを好む愛用者に販売するルートを確保しているため、査定額を高くしてもらうことも可能です。一般的な買取店に持ち込むと、査定額が減額されてしまいますが、専門店に持ち込むことで最大限の評価を期待することができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする