10万キロ以上の車でも査定できる?


10万キロを超えた車というのはディーラーなどから廃車を進められるようなこともあります。ですが、10万キロ以上の車であっても査定をすることはもちろんできないわけではありません。

ただ、10万キロを超えている車というのは査定の際に安く買いたたかれることになってしまいます。なぜ安くなるのかというと、10万キロというのはいろいろな部品を交換しなければならないという目安になっているのです。

車検の費用も高くなってしまいますし、多くのドライバーが買い替えをする目安でもありますので買い手側としても、なかなか手を出しにくいというのが実情なのです。

ただ、10万キロを超えたとしても今の車というのは部品がかなり強化されていますので、しっかりとメンテナンスをすれば十分に利用ができるようになっており、車としてもまだまだ多くの距離を走れるほどの性能を有しています。

また、車種によっては多くの距離を走っていたとしても燃費も良くまだまだ走れるというような丈夫な車というものも存在します。ですので、意外に値段というのはそこそこつくようなことも十分に考えられるのです。

距離が多いからといって買取をしないというのはさすがにもったいないですから、ぜひとも一度買取店などで査定してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする