廃車するのに【戸籍抄本】って必要なの?

廃車するときに必要な書類は印鑑証明や車検、納税証明などいくつかありますが、車検と印鑑証明の内容が合っていない場合は、通常用意する書類だけでは手続きが完了しません。2つの内容が合っていないことで考えられるのは、住所が違っていることです。引っ越して現在住んでいる住所と違っていると、通常の方法では廃車手続きができないので気をつけましょう。

住所が変わった場合、前住んでいた場所から現在の住所に移ったことを証明する、住民票をにつけ足さなければなりません。また、結婚や離婚をして名字が変わっている場合も通常の書類だけでは廃車手続きは完了しません。通常用意する書類のほかに、名字が変わったことが証明できる戸籍抄本が必要になるので注意が必要です。

以前住んでいた所から遠くて住民票や戸籍抄本を取りに行くのがめんどう、普段忙しくて取りに行く暇がない場合は、郵送で送ってもらうこともできます。郵送で送ってもらうためには、切手を貼った返信用の封筒も必要なので忘れずに同封しましょう。また、住民票と戸籍抄本の発行手数料は地域によって異なります。後々めんどうなことにならないために、郵送する前に確認しておかなければなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする