【自動車保険】車両保険とは?/種類・料金相場・免責

車両保険とは、自分の車に対する保険のことを言います。
交通事故で当て逃げをされてしまったり、駐車中に車に傷をつけられてしまったり、事故によって自分の車が損害を受けてしまった場合など、車両保険によって保険金が支払われます。
この保険金で自分の車を修理するのです。

車両保険には4種類のタイプがあるのですが、補償される範囲に違いがあります。

・一般車両保険
・エコノミー
・限定A
・エコノミー+限定A

この4種類の車両保険は、補償される範囲がそれぞれ違い、支払われる保険金の金額も違います。ご自身の車に必要な車両保険は4種類のうち、どの車両保険なのか?しっかりと見極めてから選ぶようにしましょう。

車両保険の種類

「一般車両保険」

自分の車が、他の車や物と接触や衝突をしてしまった場合、浸水や火災などによって損害を受けてしまった場合など、ほとんどの損害状況において補償してもらうことができる保険です。
駐車や車庫入れで車に傷がついてしまった場合も補償してもらうことができます。

「エコノミー」

エコノミーの場合は、車と車の事故による損害のみを補償してもらうことができる保険です。
車と車の事故による損害のみの補償なのですが、その分、保険料が安いというメリットがあります。

「限定A」

正式には、“車両危険限定担保特約”という車両保険です。
災害(交通事故以外)による損害を補償してもらうことができる保険です。
走行中に石などの落下物が跳ね上げられたことによって受けてしまった損害も補償されますが、他車との交通事故や自分自身の運転ミスによる損害は補償されません。

「エコノミー+限定A」

エコノミーと限定Aを組み合わせた車両保険なのですが、車対車での交通事故による損害、盗難などの災害による損害を補償してもらうことができます。自損事故や当て逃げによる損害の場合には補償されませんが、一般車両保険と比べると支払わなければならない保険料が安いというメリットがあります。
保険会社によっては単独での加入ができず、エコノミー+限定Aのセットでの加入のみになっている場合もありますので事前にしっかりと確認しておきましょう。

免責とは?

免責とは、免責金額のことを言います。
免責金額とは、車の修理代が必要な場合に自己負担する金額のことを言います。この免責金額は自分自身で設定する必要があるのですが、免責金額によって保険料が異なります。免責金額が高ければ高いほど保険料は安くなります。

例えば、交通事故による車の修理代が70万円必要になってしまった場合。免責金額を20万円と設定している場合には、残りの50万円を保険会社が支払ってくれるという仕組みです。

免責金額を¥0に設定することも可能なのですが、やはり保険料は高くなります。

車両保険って必要?

車両保険は自分の車の損害を補償してもらうことができる保険なのですが、「本当に必要なのかな?」と思われる人もいらっしゃるかもしれません。

車両保険は強制ではありませんから必要ないと思えば無理に加入する必要はありません。補償される金額が高額であるほどに保険料も高額ですから、価値観によっては加入しないという人も実は多いんです。

「安い中古車だし少しの傷くらいなら修理の必要はない」
「走行に問題がないのなら傷は気にしない」
「保険料を支払うくらいなら車を買い換えた方が安い」

このような場合もあると思います。

高級車である場合には少しの傷の修理代も高額な場合がありますので車両保険に加入しておいた方が良い場合もあります。

車両保険は、自分の車に発生してしまった損害を保険会社に補償してもらうことができるというものですから、もし修理代が自分自身で負担することができる程度のものなのであれば車両保険は必要ないと考えることができますよね。

車両価格(時価)が修理代を下回ってしまう場合は時価額までしか保険金が支払われることはありませんし。車両価格というのは年々下がっていくものです。新車を購入したばかりの頃は車両保険ってとても必要性を感じるものなのですが、時間が経てば経つほどに必要性が薄れて行くという考え方もあるんです。

車両保険には4種類のタイプがありますし、それぞれに補償される範囲が違いますから、今現在のご自分の車に合わせてタイプを変えたり補償される範囲を狭くするなどすることで保険料も安く済ませることができるのではないでしょうか。

保険会社はたくさんあります。補償内容はどの会社もほとんど同じ内容です。しかし、見積もりを依頼してみると保険料には大きな差がある場合もあります。20万円もの保険料の差が出た、というケースもあります。

本当に車両保険は必要なのだろうか…保険料を支払っていくことができるのだろうか?
そんな時は複数の保険会社の保障内容や保険料を比較するために見積もりを依頼してみると良いでしょう。

一括で見積もりができるサイトなどを利用すると便利です。
いざという時にはとても助かる保険ですし、車両保険が本当に必要なのかどうか、ご自身でしっかりと判断されてください。

全損の場合どうなるの?

全損として扱ってもらうことができるのは

・車が修復不可能なまでに損害を受けてしまった
・車の修理費が車両保険の保険価額以上になってしまった
・車が盗難に遭ってしまった(見つけることができなかった)

このような場合のみです。

全損の場合に支払われる保険金は契約時に設定されていますから保険会社に問い合わせてみてください。原則として、保険価額(補償上限)の全てが支払われます。

車両保険の金額の相場は?

保険金額は、契約する車両の車両価格(時価)によって保険会社が設定します。新車時には200万円支払われるとしても時間が経つのと同時に車の価値も下がりますから保険金額も下がります。その時、その車の価値がどれくらいなのかによって、自分自身が支払う保険料も保険会社から支払われる保険金額も変化するということなのです。

しかし、車両価格(時価)は同じでも車種によって支払う保険料には大きな差が生じる場合があります。車両クラスというものがあり、車両クラス1と車両クラス9(1~9まで)では支払う保険料に4倍ほどの差が生じる場合があり、修理代が高くなるであろう高級車は高額な保険料を支払わなければならないのです。逆に修理代が安いであろう車の場合は保険料も安く済みます。

車を購入するのと同時に車両保険についても考えると思うのですが、車両保険に加入したい…けれど保険料が気になる!という場合には、購入を考えている車の車両クラスはどれくらいなのか?保険料はどれくらいになるのか?などを保険会社で確認しておくと良いでしょう。

車両クラスは1~9までありますが、車両料率は1年ごとに見直しが行われています。

どんな車種がどんな交通事故を引き起こしたのか?
それに対して保険会社がどれくらいの保険金を支払ったのか?
どれくらいの頻度で交通事故を引き起こしているのか?
どれくらいの規模の交通事故だったのか?

このようなことを考慮し、見直しが行われているようです。

 

今の車を下取りに出す前に読んでおくべき3記事

車を下取りに出すのはちょっと待って!

車はディーラーに下取りをしてもらうより、買取店で売った方が高く売れる傾向にあります。また買取店でも査定額を比較する事で1番高く売れるお店を探す事が可能。ディーラーの下取りよりも平均で16~17万高く売れる事をご存知でしたか?

↓ ↓詳しくはコチラ↓ ↓

ディーラーでは教えてくれない【車下取り査定】の本当のところ
この記事では車買取査定価格を比較して下取りよりも高く売る方法についてご紹介します。

・新車購入するからディーラーの下取…

車下取り査定

 

下取りの車を現金で売るってどういう事?!

本来車の下取りは契約書上で値引きが行われるので現金として見る事はありません。買取店に売ると今の車は現金になります。
でも新車の車代に充てないといけないから何か意味があるの?と思われたならクリック。もしかしたらあなたも「そうしようかな…」と思うかも。

↓ ↓詳しくはコチラ↓ ↓

車の下取金額を【車査定サイト】を使って現金で貰う方法

『新しく車を買い替えるけど、下取りは現金で欲しい!』

通常であれば、車を買い替える時は今乗っている車をディーラーで下取…

車下取り 現金

 

車の下取り査定って名前を登録しないとダメなの?

今の車をいくらで売れるか知りたいけど個人情報を登録するのは嫌だ!匿名で調べたい!という方はコチラ。

↓ ↓詳しくはコチラ↓ ↓

【車査定】匿名・登録なしで車の買取相場を調べる/車査定サイト紹介

私の愛車いくらで売れるんだろう?
今度の車検時期に車を買い換える予定だけど、今乗っている車がいくらくらいで下取りしてく…

車査定 相場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする