自動車保険は必要?【任意保険】がある理由

自動車の所有者と運転者は、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)に必ず加入しなければならず、強制保険とも呼ばれています。

しかし、任意保険の場合は、あくまでも「任意」であり「義務」ではありません。
では、なぜ任意保険というものがあるのでしょうか。

自賠責保険というのは対人賠償に限られた補償であり、もしも交通事故によって相手を死亡させてしまった場合、何億円もの賠償金を支払わなければならなくなってしまう場合があります。

自賠責保険の支払いには限度額が設定されており、相手を死亡させてしまった場合には3000万円までしか支払われません。賠償金1億、自賠責保険の支払い3000万円…では残りの7000万円は自己負担!?
自己負担するには、とんでもない額ですよね。

義務ではない自動車保険(任意保険)がある理由

それは、自賠責保険では補うことができなかった分の補償を任意保険によって補うために加入する必要性があるからなのです。

交通事故によって死亡させてしまった相手への補償が自賠責保険の3000万円で補償されれば良いですが、賠償金が1億なんてことになってしまっては自分自身の人生まで終わらせてしまうことにもなりかねません。

任意保険への加入も未加入も自由に選ぶことができるのですが、任意保険への加入は全ての人に強くオススメします!

また、自賠責保険の補償は「対人被害者」のケガや死亡に対してのみ保険金が支払われます。
自分が加害者であり、自分もケガを負ってしまった場合や死亡した場合には、自賠責保険だけでは保険金は支払われません。

自分自身のケガの治療費が高額になってしまう場合もありますし、その治療費で苦労してしまわないためにも任意保険は必要なのです。

さらには、自賠責保険というのは「対人」である場合にのみ保険金が支払われます。
物損に対しては一銭も支払われることはないのです。
相手の高級車を傷つけてしまった…修理代が数百万円…そんなことになってしまった場合にも補償してもらうことができる、物損の補償がある任意保険に加入しておく必要がありますよね。

自賠責保険と任意保険を比較

『自賠責保険の場合』

・被害者が死亡してしまった場合 被害者に対して3000万円まで補償
・被害者に後遺障害が残ってしまった場合 被害者に対して75万円から4000万円まで補償
・被害者にケガを負わせてしまった場合 被害者に対して120万円まで補償
・加害者への補償は一切無し
・被害者に対しても加害者に対しても物損の補償は一切なし

『任意保険の場合』

・加害者への補償有り
・被害者に対しても加害者に対しても物損の補償有り
・自賠責保険の補償範囲を超える分の被害者への補償有り
(以下、被害者への補償)
・死亡の場合 3000万円を超える分の補償
・後遺障害の場合 4000万円を超える分の補償
・ケガの場合 120万円を超える分の補償

自賠責保険には支払われる保険金に限度額があります。
それを超えてしまった分は自己負担する、もしくは任意保険で補償する、この2択しかありません。そのため、自動車保険に加入する人のほとんどが任意保険への加入も積極的に行っているのです。

もし相手を死亡させてしまい賠償金が数億円なんてことになってしまっては自分の人生も終わらせてしまいかねませんし、自分の人生だけではなく、家族の人生にも大きな影響を与えてしまう可能性だってあるんです。

どんなに車の運転に自信のある人でも、自賠責保険と任意保険への加入は必要だと思います。
任意保険へ加入していないという人は、自分を守るためでもあるのでしっかりと考えてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする