車を売る時に必要なものは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
下取り現金1

下取り現金1

車の売ろうと思っている人もいらっしゃるでしょう。
車を売る際にも様々な書類が必要となります。

また普通自動車と軽自動車でも必要となる書類が異なるので、ここでは二つに分けてご紹介します。

 

【普通自動車の場合】

普通自動車を売却する場合、以下の書類が必要となります。

1. 自動車検証
2. 印鑑登録証明書(発行後一ヶ月以内のもの2部)
3. 自賠責保険証明書
4. 自動車納税証明書
5. 実印
6. 振込口座(メモなど)
7. リサイクル券

自動車検検査証と印鑑登録証明書は住所が今の住所と同じかどうかを確認する必要があります。もし異なる場合は、違った書類が必要となります。

例えば住所変更が一度あった場合は住民票、複数回住所変更があった場合は戸籍の附票もしくは住民票の除票、結婚などで姓が変わっている場合は戸籍謄本がそれぞれ必要になります。

譲渡証明書や委任状などは店舗で発行してくれる所が多いそうです。

 

 

【軽自動車の場合】

軽自動車を売却する場合は、以下の書類が必要となります。

1. 自動車検証
2. 自賠責保険証明書
3. 軽自動車納税証明書
4. 印鑑(認め印でも可)
5. 振込口座(メモなど)
6. リサイクル券

自動車検査証記入申請書は店舗で作成してくれます。

もし、上記の書類で紛失した場合、再発行が可能です。

自賠責保険証は保険会社で無料で発行してくれます。
車検証に関しては、陸運局で再発行可能ですが、申請書類代と手数料が発生します。
納税証明書に関しては、都道府県税事務所で無料で発行してもらえます。

 

 

この他にもプラス査定となるポイントとして、準備しておいた方が良いものがあります。例えば備手帳や取扱説明書、スペアキーや取り外した純正品などがありますので、持っている場合は売却時に申し出るといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。