車査定【リサイクル料】って含まれているの?含まれていないの?

車買取リサイクル

『車買取』について調べていると、【リサイクル料】のトラブルが少なからずあるみたいで、ネットの掲示板なんかでも、「買取にお願いしたら、リサイクル料を返してくれなかった!あそこは詐欺だ!」なんて書き込みを目にしました。

で、実際どうなんでしょうか?

そもそもリサイクル料って何なの?

リサイクル料金って何?

リサイクル料ってのは、簡単にいうと『その車を廃車する時にかかる料金を前もって払っておいてください』というのがリサイクル料です。

今は、【車購入時】に支払う事が義務になっていて、車を購入する際、新車の購入でも中古車の購入でも、契約書に含まれています。

※制度が始まった時は【車検時】というのもあったのですが、もう全ての車が車検を迎えているハズですので説明は割愛します。

で、このリサイクル料というのは廃車時に使うわけですから、廃車をしなければこのリサイクル料というのは返って来ます。

新しい車を購入して今の車を【下取り】に出した場合、、

⇒下取額に加算されて、契約書上で新車購入代金から差し引かれる

買取専門店などで今の車を【買取】に出した場合、、

⇒返金されます。

廃車しない限り、その車のリサイクル費用は戻ってきます。
では、何が問題になっているのかというと、

『査定額に含まれている』場合と『査定額に含まれていない場合』があるという事です。

リサイクル料込みなのか?別なのか?ちゃんと確認しておきましょう

リサイクル料を返金するのはこれは法律上の義務です。

ですが、それが含まれた金額なのか、そうでないのか、というのは紙面上の話です。

仮にリサイクル料が1万円で全部の金額が20万円の場合は、車は19万円・リサイクル1万円という内訳になります。
ちゃんと紙面に載っていれば返金されている事になるので別に詐欺ではありません。

ガリバーなど大手でも『リサイクル料は査定額に含まれている』
とちゃんと公言していますので、売る時にしっかりと確認しておきましょう。
ガリバー車買取
参照:http://221616.com/satei/faq/recycle.html

車査定の内訳は厳密に言えば、【消費税】も関係してくるので、これらを細かい数字で計算するのは大変なので多くの場合、【消費税】や【リサイクル料】それらを含めた【全ての値段】⇒『査定額』という場合が多いので、後々もめたくなければ一言聞いておきましょうね。

良く読まれる記事

1位車査定サイト おすすめランキング

車査定おすすめランキング

button_more

2位新車購入時の下取り時こそするべき!車査定サイト

下取り時

button_more

3位下取り価格を現金で受け取る方法

車現金

button_more

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする