新車購入時の注意!ディーラーに見に行く前にはネットで今の車の査定を!

車の買い替え
愛車の下取相場を知らずに販売ディーラーに車を見に行くというのは、何も武器を持たずに戦場に行くと同じ事です!

あなたが自分の愛車の相場価格を知らないととても勿体無い事になるかもしれません。
・カッコイイ新車が発売された!車を観に行ってみよう!
・そろそろ車の買い替え時期。。販売ディーラーに車を観に行ってみよう!
・もうすぐ車検か。買い替えも含めて検討中。

車を観にお店に行くんですか? もちろん愛車の下取相場価格を調べていますよね?

もし、今の愛車を買い換える事になった場合、少しでも安く買いたいですよね。当然、営業マンとはとことん値引交渉の話になるでしょう。

が、しかし多くの人が愛車の下取交渉をおろそかにしてしまい、営業マンの言い値で下取をお願いしてしまう人がほとんどです。

それはなぜか? ほとんどの人が自分の愛車の下取相場を知らないからです。営業マンの言われるがままに愛車の価値を判断してしまうので多くの人が損をしてしまうのです。

ただ、販売店や営業マンは何もあなたからぼったくろうとしている訳ではありません。下取はできるだけ安く下取を行い、出来るだけ高く売る事で利益をだしている訳ですからあちらも当然のお仕事をしているわけです。

ですから、私達が愛車を高く売る為にある事をしなければいけないのですが、それをしているかしていないかで、あなたの車の価値を守る事ができるわけです。

私達がすべき事はただ1つ。

それは、 事前に買取相場価格を調べておく事です。

お店に新車を観に行く前に愛車の買取相場を調べておく事が重要です。

例えば、あなたの愛車をネットで査定して価値が50万円だったとしましょう。その相場価格を基準に、あなたはそのお店の営業マンと下取交渉をしましょう。

下取査定が30万円だった場合、
『いや、、50万円で買い取ってくれるお店があるんですが・・・』と一言言うだけで、

もしかしたら、その販売ディラーの営業マンは50万円以上の査定額を出してくるかもしれませんし、
どうしてもその下取価格はムリだと言うのであれば、あなたはその買取店で売るだけのお話です。

※同じ価格まで販売ディーラーが頑張ってくれたら契約書上での差し引きができるので手間が省けるので同じ価格なら販売ディーラーに下取をお願いしていもOKです。

もしあなたが自分の愛車の相場価格を知らなければこういった交渉ができるでしょうか?

できませんよね。

営業マン『下取査定額は30万円です』
あなた 『いや、、もっとなんとかなりませんか?』

というあやふやな交渉よりも、

営業マン『下取査定額は30万円です』
あなた 『いや、、50万円の査定額を付けてくれたお店があるのですがそれ以上はムリでしょうか?』

という具体的な交渉が行えます。
あなたの車を本当に欲しいと思ったら営業マンも引き下がらないでしょうし、ムリだと言われたのであれば、そちらにお願いするだけの事ですので、査定はしておかないと勿体無いですよね。

大事な事なのでもう一度言います。

新車を観に行く前に、愛車の査定相場価格を調べておくと、より具体的な交渉が行えます。
それにより、大きな損を防ぐ事ができます。

ぜひ、新車を観に行く歳はネットで査定を行っておきましょう。

一括査定ができるサイトはいくつかありますが、【かんたん車査定ガイド】はすぐに相場価格を教えてくれる機能がありますのでおすすめです。

良く読まれる記事

1位車査定サイト おすすめランキング

車査定おすすめランキング

button_more

2位新車購入時の下取り時こそするべき!車査定サイト

下取り時

button_more

3位下取り価格を現金で受け取る方法

車現金

button_more

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする